ホーム > 占い研究室 > 西洋占星術 > 基本概念 > 黄道十二宮(その1)

西洋占星術 黄道十二宮(その1)

星占いでも有名な12の星座。これを黄道十二宮といいます。黄道に沿うようにして並んでいる12個の宮なのでこのように呼ばれます。

厳密には、占星術上の黄道十二宮と天に実在する十二星座とは、位置関係などが一致しないのですが、それは別のコラム(黄道十二宮と十二星座のずれ)として掲載していますので、そちらをご覧ください。

黄道十二宮は春分点が基準

黄道十二宮十二室を配置するときには、ASC(上昇点)を基準としましたが、この12個の星座の配置を位置を決定するには、春分点を基準とします。

春分点とは、赤道と黄道の交わった2点のうち、太陽が北から南に向かって移動するときに通る側の点のことです。ちなみに、反対に太陽が南から北へ移動するときに通る側の点を秋分点といいます。

この春分点を基準として30度ずつに分割して、反時計回りに12の星座を割り当てていきます。

割り振る星座の名前と順番は、牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座・獅子座・乙女座・天秤座・蠍座・射手座・山羊座・水瓶座・魚座となります。

星座が象徴する12の特徴-性格や素質をあらわす

それぞれの星座は独自の意味合いを持っています。十二室が遭遇する環境や出来事などの外的環境を象徴するのに対して、黄道十二宮は性格や素質などの内的要素を象徴します。

下の表は、各星座ごとのキーワード要素、占星術上の太陽が滞在する期間、つまり一般的な星座占いで、誕生日によって星座が決まるための期間を載せてみます。

牡羊座 [ 主張 ] I am (我れ有り)
積極的なアクション 無謀なパワー 新しい挑戦 純粋で単純な性質
3月21日~4月21日
牡牛座 [ 所有 ] I have (私は持つ)
安定志向 五感の発達 所有欲 ねばり強さと集中力
4月21日~5月21日
双子座 [ 思考 ] I think (私は考える)
多芸多才 強い好奇心 芸術的な才能 器用さと柔軟性 飽きっぽさ
5月22日~6月21日
蟹座 [ 感応 ] I sense (私は感じる)
強い感受性 献身的な心 喜怒哀楽 優しさと防衛本能
6月22日~7月22日
獅子座 [ 意志 ] I will (私は志す)
高い精神性 プライド 魅力ある人格 ドラマチック
7月23日~8月22日
乙女座 [ 分析 ] I analyze (私は調べる)
実用性の追求 分析能力 コンプレックス 鋭敏な感覚
8月23日~9月23日
天秤座 [ 比較 ] I weigh (私は計る)
調和をはかる スマート 八方美人 社交性 ルーズ
9月24日~10月23日
蠍座 [ 欲望 ] I desire (私は求める)
激しい情念 耐久力 深い洞察力 徹底主義 権威欲
10月24日~11月22日
射手座 [ 理解 ] I see (私は分かる)
学術思想へ傾倒 強い探求心 臨機応変 理想主義 競合
11月23日~12月21日
山羊座 [ 使役 ] I use (私は使う)
大志を抱く 実利主義 ドライ 責任感と目的達成
12月22日~1月20日
水瓶座 [ 認識 ] I know (私は知る)
理論武装 公平な博愛思想 独特のスタイル 主義主張
1月21日~2月18日
魚座 [ 信仰 ] I believe (私は信じる)
信心と共感力 自己犠牲 矛盾 社会を超越した第六感
2月19日~3月20日

黄道十二宮の各宮がもつ要素は、その宮に配置する星や、ASCやMCにどの星座がくるかなどによって、さらに細密な意味合いをもたらします。それについては、別のコーナーで研究していきますので、ここでは簡単な説明にとどめておきます。

次へ(黄道十二宮(その2))»

index | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6