ホーム > 占い研究室 > 西洋占星術 > サビアン占星術

サビアン占星術

サビアン占星術が登場したのは今から約80年前です。神秘学の研究家であるエドモンド・マーク・ジョーンズと占星術研究家のディーン・ルディアによりその体系的なものが完成しました。

サビアン占星術とは

サビアンは、M・E・ジョーンズがエリス・ウェーラーと行った霊能力の実験の結果から得られた体系的かつ意味深いシンボルの存在を、共同研究者であったディーン・ルディアがさらに研究を重ね、リサーチを行いながらひとつの完成されたシステムとして構築してきたものです。

サビアン占星術は、日常のできごとから神秘的な体験、霊的、象徴的なものまで、サビアンシンボルで占うことが可能です。 特に個の魂の本質、特徴、人生の意義、目的などの人間の奥深い部分を占うことができます。

360のシンボル

サビアン占星術では、黄道座標を1/360度ずつに小さく区分し、それぞれに意味があると解釈します。つまり西洋占星術に12の星座があるように、サビアン占星術には360ものシンボルがあり、これを読み取っていくのです。
このシンボルは抽象的な短い詩のようになっていて、その1つ1つに意味が込められています。

これらのシンボルは、星座ごとにグループ化された意味をもち、その星座内でも、前半15度と後半15度、さらに5度ずつのまとまりごとに細分化された意味を持つという解釈があるようです。

ここのコーナーでは、シンボルごとに歌われている「詩」の紹介をします。そのうち、シンボル1つ1つの意味合いも少しずつ研究していきたいと思います。

次へ(牡羊座)»

index | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12