ホーム > 占い研究室 > 紫微斗数 > 三十九星

紫微斗数 三十九星

紫微斗数であつかう星は、「虚星」といって実在しない星です。紫微斗数はこれらの虚星が実際の天の運行と連動しているという理論に基づいて成り立っています。

紫微斗数で登場する星の数は100を超えますが、24'占いオンラインではこのうち主な39個の星を扱うことで占います。それぞれの星は、「甲級主星」、「甲級副星」、「乙級副星」の3つのグループに分けられます。

性格や能力を決定する三十九星
甲級主星 あなたの生まれ持った性格・環境
生まれながらにして持っている、環境や性格をあらわしています。この甲級主星の配置が決定すると、あなたの要素がほぼ決まります。
甲級副星 後天的な要素、努力や流れで変わるもの
甲級主星が先天性を見るのに対して、甲級副星では後天性、つまり生まれた後の環境、たとえば住所とか人間関係とか生活環境などをあらわします。大きな影響を与える要素ですが、基本的に甲級主星を補助する形で存在します。
乙級副星 あなたの詳細な特性、得意分野や専門分野
2つの甲級星群に比べて、その影響力はだいぶ劣るものの、あなたの詳細な特性をあらわす星として大きな役割を果たします。甲級副星の要素を細分化するような形で使われることが多い星です。